ウッドデッキ・外構工事全般・造園・造園緑化工事   
HARD-WOOD
マンション
戸建て
ファニチャー
価格
最近の記事
2016.03.17.15.18レッドシダーってどうよ?

バックナンバー
2017.04
2017.03
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08
2016.07
2016.06
2016.05
2016.04
2016.03
2016.02
2016.01
2013.04
2013.03
2012.06
2012.05
レッドシダーってどうよ? 2016.03.17 15:18
弊社の仕事の70%は古いデッキが腐ったから新しくして欲しいというもの。

一昔前に流行ったウッドデッキは99%レッドシダー製。
現在もハウスメーカー、工務店に依頼し、大工さんがついでに作ったのも
レッドシダーやヒノキがほとんど。
TVのビフォーアフターで匠が設計したのもレッドシダー。

確かにレッドシダーは一般的に屋外用の木材ですが、
ウッドデッキとして使った場合の寿命は長くて5年です(屋根があれば別です)。

メンテすれば10年、20年は大丈夫と言う人がいれば、
実情を何もわかっていない。
いくらメンテをしても5年持てば奇跡といっていいでしょう。
実際、お客さんの話を聞くと1年以内で床板の一部が腐り始め、
3年も経てば危なくて歩けない箇所が出てきて、デッキとしての
機能が果たせなくなるという話ばかり。

今も、レッドシダーで作っていたウッドデッキをハードウッド製に
作り替えるか、デッキはやめてタイル敷きにするか悩んでいるお客様に
相談を受けてます。

レッドシダーからハードウッドにする場合、
単に新規のウッドデッキ代では済まない。
古くなったデッキの解体費用と廃材処理費がかかる。

弊社でも年に5件はレッドシダー製のウッドデッキを作りますが、
元請けに頼まれた場合のみ。お客さんから直接注文を受けた場合は
必ず説得してレッドシダーでは作りません(キッパリ)。

現在、レッドシダーでウッドデッキをお考えの方は、
業者の方に5年以上腐らずにデッキが存在している実績があるか聞いて、
あれば実際現場に行って確認して下さいね。


 ▲戻る ページTOP▲
   日本硬木株式会社   
 (c) JAPAN HARDWOOD CORPORATION