ウッドデッキ・外構工事全般・造園・造園緑化工事   
HARD-WOOD
マンション
戸建て
ファニチャー
価格
最近の記事
2017.04.22.07.18ノウハウ其の一

バックナンバー
2017.04
2017.03
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08
2016.07
2016.06
2016.05
2016.04
2016.03
2016.02
2016.01
2013.04
2013.03
2012.06
2012.05
ノウハウ其の一 2017.04.22 07:18
写真は、3日間の工期での現場を終わった後のキリキリ(電動ドリルの刃)の残骸。
ハードウッドをビス止めする際、下穴をあける行工程時に必須です。


弊社では、鉄工用のキリを使います。調子がよければキリ1本でビス100コ分位の下穴をあけることができますが、へたすりゃ材木1枚でキリ3本折れることもあります(涙)

折れる原因は、キリが「わん曲」した状態で下穴をあけようとすると一発でアウト。木が硬いので簡単にポキっといってしまう。
注意しなければいけないのがキリを抜く時。あける時は十分注意しているので、
真っすぐキリを挿入するが、抜く時はつい油断してしまう。
インパクトのトリガーを『逆回転』にするのもNGです。
順回転のままそのまま真っすぐ抜くことがポイントです。
姿勢をよくして(中腰がベスト)、体重をかけながら真っすぐキリを挿入する。
抜く時は、インパクトを上に引っ張る様に順回転のままゆっくり抜く。

このことを守っても、何十回も使っていたらキリが劣化して弱くなり、ポキッといってしまう。折れた刃先が材木の中に入ってしまったらさあ大変。
ハードウッドの場合、ペンチで引き抜いたり出来ない!
次回はその場合の対処方法をご紹介します。


 ▲戻る ページTOP▲
   日本硬木株式会社   
 (c) JAPAN HARDWOOD CORPORATION